Category Archives: その他

阿波踊りの有名連「うずき連」

阿波踊り有名連の「うずき連」のホームページを見てみました。
1957年(昭和32年)の結成で、総連員数は約120人です。
結成した時期が4月ということで「卯月」と、ぞめきのリズムが聞こえてきたらうずうずしてくるの「うずうず」にかけて「うずき連」と名づけました。
400年の歴史がある阿波踊り本来の良さを変えてはならないとして、正調阿波踊りを貫く姿勢を見せています。
男踊りは切れの良いうちわさばきで力強く、女踊りは差し足で品よく美しくがモットーです。
鳴り物はややスローテンポで、粋調の鳴り物とよしこのの唄で踊りを盛り上げます。
「うずき連」は、ひと足運ぶのも、手のひと振りも大切に丁寧に踊っています。
男踊りについては、うちわの切り替えしが巧みにできるのは男踊りの真骨頂として、日々、鍛錬を重ねて表現力を養っています。
法被の着こなし方も、男踊りを粋に見せてくれる重要なものだと考えています。
また、「うずき連」の女踊りは、どの角度から見ても美しいと定評があります。
両手は肩幅そのままの広さで高く上げ、腕から指先まで細かく神経をいきわたらせて踊ります。
肩と腰は、リズムに乗って内側に巻き込むように回転させるのがコツです。

一生の思い出になる海外留学

海外留学って、あこがれますよね。
でも費用って、いくらぐらいかかるんでしょうか。
海外留学を考えているなら、思い立ったその日から節約&貯金(積み立て)をしていくことをおすすめします。
「うちはお金持ちだから、そんなことしなくてもいいわ」と、おっしゃる方は別ですが。(笑)
期間を3ヶ月と考えると、アメリカやヨーロッパ、オーストラリアなら約100万はみておく必要があると思います。
東南アジアだと、約60万円前後でしょうか。
ヨーロッパは、学校が休みの日に観光に行くことがあると思うので、ちょっと多い目に用意しておく方がいいかも。
ヨーロッパは、歴史があり街並みが美しいですからあっちこっち行ってみたくなるでしょうね。
アメリカは、留学先として昔から変わらず1位をキープしていて大変人気があります。
日本人が習う、英語の本場でもありますからね。
アメリカもヨーロッパも、物価が高いので滞在する場所や、通う学校の選び方にも気を付けましょう。
海外留学はやはりお金はかかりますが、それだけの価値があるものです。
前向きに考えて、一生の思い出を作りましょう。

人気だけで依頼する弁護士を選ぶのは良くないです

裁判になると弁護士が必要です。
弁護士と裁判官がいない裁判はありません。
裁判にならなくても弁護士が必要な事はあります。
弁護士に相談する人は多いです。
毎日、どこかの弁護士事務所には依頼が来ます。
刑事事件の依頼も来ますが、民事の依頼もたくさん来ます。
相談も多いですからね。
いきなり弁護士に依頼するのには抵抗があります。
抵抗が全くないという人もいますが、敷居が高いと感じる人もいます。
弁護士事務所に限らず、敷居が高いと思う所はたくさんあります。
でも、行かないといけないと思う事は多いです。
弁護士事務所を訪ねるのも考えてしまいますが、相談しないといけない事は多いです。
債務整理など弁護士に相談しないといけない案件はたくさんあります。
自分では解決できない事は専門家に相談しないといけません。
ほとんどの人に好き嫌いがあります。
好きな人もいれば嫌いな人もいます。
弁護士だって好きな人ばかりではないです。
嫌いな弁護士に相談する人はいないですけど、依頼者を選んでいる状態ではない弁護士は多いです。
すべての弁護士に相談が殺到するわけではないですからね。
いろいろな方面で注目されていますが、注目度だけで選んではいけないのが弁護士です。

鍼灸師を目指す過程で思わぬ出会いも?

体に生じる不調を改善する方法として「鍼」や「灸」の施術が注目されています。
そのために鍼灸院を訪れる人も多く、今後、需要が増えることが期待されます。
鍼灸師(はり師、きゅう師)になるには、養成機関で3年以上学んだ後、国家試験に合格することが不可欠です。
そのための学びの場として「専門学校」は代表的といえるでしょう。
養成機関のなかには四年制大学もありますが、三年制の専門学校や短大に進むことで、国家試験を受験するチャンスが1年早く訪れるからです。
また、学校を探すときは、鍼灸師以外資格を取得できる学校を選ぶとよいかもしれません。
もちろん、どの学科を受けるのかは自分で決める必要があります。
しかし、学校案内を見ているうちに、ほかの学科に興味を持つ可能性も少なくないからです。
また、入学後に、ほかの学科で学ぶ人たちと知り合えるチャンスもでてきます。
さらに、在学中には、将来の伴侶との出会いもあるかもしれません。
夫婦とも鍼灸師の資格を得て、将来は、ふたりで鍼灸院を開業する方法があります。
同じ目的を持ったふたりが協力しあえるので、ひとりで運営するよりも心強いのではないでしょうか。

気になる!歯科衛生士の仕事とは?

歯の治療をするために歯科を訪れたとき、歯科医師をはじめ、多くのスタッフがいることに気付くと思います。
スタッフの数は、歯科(病院の歯科、歯科医院)によっても異なります。
また、歯の治療中、身近に感じるスタッフもいれば、そうでないスタッフも存在します。
患者さんの口を触れるのは歯科医師ですが、歯科衛生士の役目も見逃すことができません。
歯科衛生士の仕事には、歯科予防処置、歯科診療の補助、歯科保健指導があります。
いずれも、歯科を受診したときに経験することが多いでしょう。
特に、いまは予防歯科の大切さが問われているため、歯のクリーニングなどに定期的に通う人もいるのではないでしょうか。
もちろん、歯のクリーニングなどは、歯科医師が行うこともできます。
しかし、それらを歯科衛生士が担当することで、歯科医師が治療に専念できるメリットが生まれるのです。
また、歯科衛生士は、歯のクリーニングなどに必要な技術を習得しているため、任せることが理想ともいわれています。
歯を健康に保つためには、日頃からのケアが大切ですよね。
そのためには、自分でケアするだけでなく、歯科でクリーニングしてはいかがでしょうか。

DVD制作でプレスは海外か国内で違うの?

最近はDVDを販売促進・マーケティングなどに活用している会社が多いそうです。
確かにDVDのように映像を使った販売促進戦略は顧客にダイレクトに届くものなので、企業側としても取り入れやすい方法ですよね。
さて、DVD制作には「プレス」という工程があります。
このプレスをどこでやるかによってもコストや納期も変わってくるそうです。
DVDプレスは一般的に海外でやった方が安い傾向にあるそうです。
台湾やインドネシアなどアジア圏でプレスを行い、また日本に戻ってきて納品することになるそうです。
アジア圏で近いとはいえ、海外プレスの納期はそれなりにかかるのがデメリットのようです。
そして国内プレスは最近は品質においてもこちらを選ぶ方が多いそうで、納期が早いのがメリットです。
ただ、やはり国内プレスはコストの上では少し高くなってしまいます。
もちろん業者によってもそうですが、海外プレスでも高品質で納期が早い業者、国内プレスでも安い業者などがあります。
DVD制作は業者に依頼する前に見積もりなどでじっくり比較してみるといいかもしれませんね。

司法試験には年齢は関係ない

数ある資格試験のなかでも難易度が高い「司法試験」。
こちらの試験の合格を経て、司法修習を行った後に「2回試験」に合格することで、弁護士をはじめ「法曹三者」として活躍する道が開けてきます。
ちなみに「2回試験」とは、司法試験に続いて2回目の試験という意味です。
また、「法曹三者」には、弁護士のほか、裁判官、検察官が該当します。
資格試験を受けるためには、なんらかの条件が付く場合が少なくありません。
司法試験の場合も「予備試験に合格」「法科大学院修了」という2つのうち、どちらかの条件を満たす必要があります。
しかし、司法試験の受験資格には「年齢制限がない」ことが大きな特徴です。
これは、予備試験や法科大学院修了にも関係してきます。
そのため、高校生が予備試験を受けることや、定年退職後に大学・法科大学院で学ぶ選択肢もあるのです。
年齢を重ねると新しいことに挑戦するのに後ろ向きになりがちです。
しかし、記憶力は高齢になっても衰えないとの説もでてきています。
また、なんらかの目標を持つことは、自分の生きがいにもつながります。
司法試験の合格・司法修習の修了という、新たな可能性に賭けてはいかがでしょうか。

会社の看板になるホームページ制作

パソコンやスマートフォンの普及率は高いので、インターネットを利用している人も多いですよね。
インターネットがあれば何でもできるし、情報収集する時には欠かせません。
だから企業のほとんどがホームページを持っており、ホームページは会社の看板や名刺のような存在になっています。
ホームページは24時間365日、いつでも誰でも見る事ができ、ホームページ制作を行う際にはコンテンツの質や量、自社の強みをアピールする必要があります。
そのようなホームページはいくらソフトがあっても素人が作るのは難しいですよね。
だからホームページ制作会社に依頼した方がいいですよ。
やっぱりプロが作ったホームページは見映えも、内容も素人が作ったものとは比べ物にはなりませんよね。
ホームページ制作会社のメリットはクオリティの高いホームページを作る事ができ、時間と手間を省く事ができます。
また、制作会社はホームページ公開後に、アクセス解析やSEO対策などのサポートも行ってくれます。
オーダーメイドで作ってもらうと費用は高くなりますが、クオリティはとっても高くなり、ある程度の質を求めるなら仕方はありませんね。

整体ってどこも痛い施術なの?

皆さんは整体にどのようなイメージを持っておられるでしょうか?
整体というと、横になって施術者が上に乗るような形になって、バキバキと音を鳴らしながら施術を行うというイメージがないでしょうか?
音が鳴った分だけ、治療効果があるのではないかと感じている方も少なくないようです。
しかし整体と音とは実際には関係がありません。
もちろん音が鳴るので、整体として良くないということではありませんが、音が鳴らないなら施術の効果がないということでもありません。

六本木にある整体、KCSセンター六本木では、バキバキしない、痛くない施術を行っているので、これまで整体が怖かったので通えなかったという方でも安心して通うこともできるでしょう。
特に効果が期待できるとされているのは、猫背に苦しんでいる方や、肩こりに苦しんでいる方です。
そのほかにも腰痛に悩んでいる多くの方がこちらの整体に通っているとされています。
完全予約制になっているので、先に予約をしてから通うようにしてください。
平日の火曜、水曜、金曜は夜9時まで診療を行っているので、仕事の後に通うことも可能でしょう。

DVD制作やDVDコピーなどに使われる「デュプリケーター」とは?

私が子供の頃はまだパソコンなんてなかった時代で、CDやDVDももちろんなく…(懐)
でも今は本当に技術の進歩というかもうオバサンは追いつけません!
先日、仕事でDVD制作をすることになって、担当チームで色々段取りをしているところではありますが、それこそホント最近は機械も謎なものが多いんですね。
それが「デュプリケーター」という機械というかマシンです!
知っていますか?デュプリケーターというマシンを?私は全くもって知りませんでした(笑)
デュプリケーターとはDVDなどのコピー機のことを言うんだそうです。
元になるディスクを入れれば同時に複数枚のディスクを複製することができちゃいます!
DVD制作、1枚1枚コピーするのかと思っていたら…そんな専門のマシンがあるんですね。
ちなみにデュプリケーターは操作自体はすごく単純でカンタンです。
多分業務用のマシンなので普通には売っていないのかもしれません。
いやあ、オバサン少しは勉強になりましたわ。
というか、デュプリケーターは年齢関係なく知っている人はそんなにいないのでは?と思いますが、いかがでしょう?