鍼灸師を目指す過程で思わぬ出会いも?

体に生じる不調を改善する方法として「鍼」や「灸」の施術が注目されています。
そのために鍼灸院を訪れる人も多く、今後、需要が増えることが期待されます。
鍼灸師(はり師、きゅう師)になるには、養成機関で3年以上学んだ後、国家試験に合格することが不可欠です。
そのための学びの場として「専門学校」は代表的といえるでしょう。
養成機関のなかには四年制大学もありますが、三年制の専門学校や短大に進むことで、国家試験を受験するチャンスが1年早く訪れるからです。
また、学校を探すときは、鍼灸師以外資格を取得できる学校を選ぶとよいかもしれません。
もちろん、どの学科を受けるのかは自分で決める必要があります。
しかし、学校案内を見ているうちに、ほかの学科に興味を持つ可能性も少なくないからです。
また、入学後に、ほかの学科で学ぶ人たちと知り合えるチャンスもでてきます。
さらに、在学中には、将来の伴侶との出会いもあるかもしれません。
夫婦とも鍼灸師の資格を得て、将来は、ふたりで鍼灸院を開業する方法があります。
同じ目的を持ったふたりが協力しあえるので、ひとりで運営するよりも心強いのではないでしょうか。